東京でマンション売却するために必要な手続きを徹底解説~迷わず賢いマンション売却~

マンションを売りたいと思ったら、まず知っておきたいのは、必要な書類と手続きですね。
準備するものから売却時の流れまで、マンション売却に必要な手続きをご紹介します。

東京のマンション売却時の流れについて

マンションの価格査定→売却活動→契約引渡し

マンションを売却する際の流れはこちらです。

まず、価格を査定してもらいます。いくらで売れそうか雰囲気をつかめたら、次は売却活動。売却を依頼する会社を探します。
一社にお任せするか、複数の会社で手広くあたってもらうか、よく考えてから決めましょう。売却の依頼先が決まったら、いよいいよ売却開始です。

無事に買主が見つかったら、次は交渉です。お互いが納得したら、売買契約を結びます。
最後に引き渡しをして、マンションの売却は完了します。

ポイントを押さえて短くまとめていますが、それでもこれだけの過程が必要なのですね。
次に、必要な書類についてご紹介します。

東京でマンションを売却するなら準備しておきたいもの

売主本人に関係した書類(住民票や印鑑証明書など)

住民票

売主本人の現在の住所と、登記上の住所が違う場合のみ、住民票が必要です。
登記上の住所が現在の住所である場合は、必要ありません。

印鑑証明書

印鑑証明書は、有効期限があり、3ヵ月となっています。
そのため、契約のタイミングで有効期限が切れたりしないように、準備するタイミングに気をつけましょう。

権利に関する書類(登記済権利書など)

平成18年以前に発行されたものは「登記済権利書」、それ以降に発行されたものは「登記識別情報」という名前になっています。
不動産の売却を行う際に、なくてはならない書類です。契約時までは厳重に保管しましょう。

建物(マンション)に関する書類(マンションの管理規約など)

・管理規約
・総会の議事録(直近のもの)
・長期修繕計画書

マンションの売却をする際は、この3種類の書類が必要です。
次にお住まいになる方が、スムーズに新生活を始められるよう準備しておきましょう。

税金に関する書類(固定資産税納税通知書など)

固定資産税納税通知書を準備しておきましょう。
一年間の固定資産税を確認して、引き渡し時点から買主が税金を支払うように調整します。
納税を終えている場合も、書類を参考に計算して、後から売主へ返還されます。

東京のマンション売却に必要な書類の準備方法について

それぞれの必要書類の取得先や取得方法を解説

・住民票

住民票は、市役所で発行してもらいましょう。最近は、コンビニで発行できる自治体もあるようです。
手数料がかかりますので、準備していきましょう。手数料は自治体によって異なりますので、窓口へお問い合わせしてみてくださいね。

・印鑑証明書

印鑑証明書は、市役所で発行してもらえます。こちらも手数料が必要です。

もし、印鑑証明書を今まで取ったことがないという場合は、印鑑の登録手続きが必要です。
登録手続きには、登録するための印鑑と、身分証明書などが必要です。自治体によって違うので、お住まいの地域の窓口に確認してみましょう。

登記済権利書、または登記識別情報

一般的には不動産を所有する人が管理しているはずなので、家の中や金庫などをよく探してみましょう。
権利書は、再発行ができません。しかし、権利書がなくても、本人確認のための手続きを利用することで、売買契約を進めることができます。

本人確認のための手続きは二種類あり、どちらを選んでもかまいません。

事前通知制度

メリット:費用がほとんどかからない(郵送料金のみ)
デメリット:数週間程度の時間がかかるので、契約を急ぐ場合は利用しにくい

司法書士が作成する本人確認情報

メリット:権利書がある場合と同じスピードで手続きができる
デメリット:費用は数万円かかる

司法書士に依頼する方が、安心感がありますね。どうしても費用を節約したい場合は、期間を逆算して、間に合うように準備しましょう。

建物(マンション)に関する書類

・管理規約
・総会の議事録(直近のもの)
・長期修繕計画書

マンションにお住まいの方なら必ず持っている書類なのですが、もし見つからない場合は、管理会社に連絡してみましょう。
再発行する場合は、管理会社によっては手数料がかかることもあるようです。

固定資産税納税通知書

固定資産税納税通知書は、毎年5月頃に税務署から郵送されています。
この書類も再発行はできません。ですが、納付書は再発行してもらえます。

固定資産税納税通知書は、納付書と課税明細書がセットになっています。
課税明細書も再発行はできないのですが、名寄帳は交付してもらえます。これが課税明細書の代わりになります。

紛失した場合は、手続きや交付に時間がかかります。スムーズな売却活動のためにも、大切に保管しておきましょう。

東京のマンション売却を考えるなら買い手を見据えた情報提供

よい条件でのマンション売却に必要な詳しい情報提供

できる限りよい条件でマンションを売却するために、売主ができることがあります。
それは、査定に必要な情報を、できるだけ詳細に、査定する人に提示すること。

そのために必要な書類が、こちらです。

・マンションのパンフレットなど、購入当時の広告資料
・購入時の契約書
・地盤調査報告書
・耐震診断報告書
・アスベスト使用調査報告書
・住宅ローンの返済予定表

購入当時のパンフレットや契約書を確認すると、間取り図や構造、築年数などが詳細にわかります。
売却活動のための募集広告も作りやすいですし、物件の状態が一目でわかるので、スムーズに査定が進められます。

地盤調査や耐震診断、アスベストに関する書類も、あるものは忘れずに渡しましょう。住宅ローンの返済予定表があると、売り出し金額を決める際の目安になります。

売却する予定のマンションの魅力を十分に伝えて、できるだけよい条件で売却できるよう計画しましょう。

東京のマンション売却には準備と期間が必要。早めの計画を(まとめ)

マンションの売却には、たくさんの書類と準備期間が必要です。
売ろう!と決めたら、できるだけ早い段階で、計画を始めましょう。
素早いスタートで、条件のよい売却を実現しましょう!